【近隣トラブル】上階騒音は一人で抱え込まずに相談

集合住宅でのトラブルは、騒音が多いようです。

特に足音は重低音で響くので、お互いの配慮が必要になります。

もし騒音が気になる場合、感情的になってはいけません。

必ず第三者の介入を入れましょう。

今回は賃貸アパート編として対応方法のご紹介をさせて頂きます。

【近隣トラブル】上階騒音は一人で抱え込まずに相談

1.管理会社・大家さんへ相談しよう

もし、あなたが我慢できないくらいの騒音が続くようであれば管理会社もしくは大家さんへ相談しましょう。

多くの場合は管理会社への相談になると思います。

相談する場合は、電話より文字として残るメールでのやりとりがオススメです。

2.相談する際は、詳細情報を伝える

管理会社・大家さんへ相談する際は、騒音について詳細に伝えることが大事です。

例えば、「いつ」「どこから」「どんな音」などです。

可能であれば、最悪の場合を考えて動画撮影をして証拠を集めておきましょう。

上階からの足音がうるさい場合は、騒音発生時に天井に手をあてると振動を感じることができます。

このような情報を問い合わせをする時に伝えましょう。

3.相談後は様子を見る

相談をした場合、ひとまず対応方法について説明があると思います。

良くある対応方法は、「入居者ポストへ注意喚起文の投函」「注意喚起文の掲示」です。

無理のない範囲で、大体1ヶ月程度経っても改善しない場合は、再度相談しましょう。

「約1ヶ月間、様子を見ていましたが騒音が続いており改善を感じません」といった報告で良いと思います。

改善しない場合は、管理会社・大家さんが騒音発生もとに直接注意を行うことになるケースがほとんどです。

足音の場合は、下の階からの苦情なので特定されてしまい気まずくなってしまいますが
騒音を我慢するのは精神的に良くないです。

快適な居住環境を守りましょう。

騒音トラブルの注意点

余計なトラブルを避ける為に、感情的にならないようにしましょう。

直接クレームを伝えると余計なトラブル発生のリスクが高まります。
どうしても直接伝えたい場合は、手紙を投函するなどにしましょう。

お互いどんな人が住んでいるのかわからない場合は、尚更です。
怯えさせるのが目的ではなく、余計な騒音が出ないように配慮してもらうことが目的なのを忘れないようにしましょう。

まとめ

・快適な居住空間のため、お互いに配慮して生活をする。

・騒音が続いて、辛い場合は必ず管理会社・大家さんへ相談する。(第三者への相談)

・相談後は、様子を見る。

・改善しない場合は、相談したところへ報告する。

・感情的にならない。

・直接クレームを言いに行かない。

以上です。

ある程度の音は、お互い様ではありますが自分自身が不快に思うことが続く場合は相談しましょう。






人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

アバター

AQN

名前:AQN(あっきゅん)
東京下町育ち・会社員
生年月日:1989年11月18日
身長:174cm / 足のサイズ:28.5cm / 血液型:A型
趣味:筋トレ、サウナ、YouTube、競馬など。

人生一度きりだし、やりがいある仕事見つけて人生を楽しもう!