今日から始める!理想のカラダへ第一歩

AQN FITNESS

ダイエット

【効果大】ケトジェニックダイエットの方法

更新日:


ケトジェニックダイエットってみなさん聞いた事ありますか?ケトジェックダイエットとは、ケトン体をエネルギーにするダイエット方法のことを言います。ケトン体というのは、脂質から作られるもので、糖質に変わる第二のエネルギーと言われています。ケトン体をエネルギーにするためには、1日の食事バランスをタンパク質30%・脂質60%・糖質10%にする必要があります。簡単に説明すると、カラダを動かすためのエネルギーを脂肪にする事により、脂肪燃焼させるダイエットです。糖質を抑えるので、白米・パン・麺はNGですが、その分脂質でカバーをするのでお腹が空きにくいダイエット方法です。何を食べて良いかわからなくなってくると思うので、その辺りを説明させて頂きます。

食事量を抑えない

太ってしまうのは、糖質を摂ったときに分泌されるインスリンが余った糖質を脂肪細胞に運んでいき、脂肪が蓄積されるので太ってしまいます。なので、糖質の摂取を制限することによりインスリンの分泌を抑えて脂肪を蓄積させないようにする必要があります。ケトジェニックダイエットは糖質を抑えた分脂質でカバーするのが特徴です。1日の摂取カロリーの計算式は「体重×35~40=1日の摂取カロリー」としてください。脂質を意識した食事は、白米・パンなどに比べて消化時間が長くなるため、空腹を感じにくくなります。

甘いものへの欲求

ダイエット中は甘いものが食べたくなってしまいますが、ケトジェニックダイエットはその欲求が減ります。血糖値の話になりますが、糖質を摂ると血糖値が上昇します。上昇した血糖値が下がってくると、食欲が出てきます。(お腹が空いてきます)ケトジェニックダイエットは糖質を抑えるため、血糖値が上昇しずらいので食欲を抑えることが出来ます。甘いもの好きにおすすめのダイエット方法です。

食材について

ケトジェニックダイエット中に食べて良いもの

タンパク質
・「肉」「魚」「たまご」
※ハム、ウインナーなどの加工肉は糖質があるのでNG
※鶏肉・たまご・サバ缶は低コストでおすすめ

脂質
・「アボカド」「ナッツ類」「チーズ」「MCTオイル」
※ナッツ類は味付けされていない無塩のものにして下さい。
※MCTオイルは1日30gが推奨ですが、お腹が緩くなりやすいので様子をみながら摂取してください。

まとめ

・1日の摂取カロリーは、体重×30~40にする。
・タンパク質30%、脂質60%、糖質10%の割合にする。
・MCTオイルは1日30gを5gくらいで分けて飲む。
・ビタミンB群のサプリメントを取る。(ニキビが出やすい人)
人気ブログランキングへ


広告1

広告1

-ダイエット
-,

Copyright© AQN FITNESS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.